オヤジログ

おっさんのがんばってるブログ

コスモリサーチ社殺人事件

平成においていきたい事案なのか、とつぜん死刑執行なされた。

 

事件は、コスモリサーチ社殺人事件 

 

-コスモリサーチ社殺人事件 経緯-

平成63年1月29日、元広域暴力団幹部の河村啓三(現姓岡本、当時31歳)は、元投資顧問業の末森博也(当時36歳)と暴力団組長の尹敬一と共謀し、当時北浜の大物相場師と呼ばれ投資会社コスモリーサーチ社の実質オーナである見学和雄さん(当時43歳)を殺害して金を奪おうと計画した。

当日、河村等はコスモリサーチ社から退社する社員の渡辺裕之さん(当時23歳)を無理やり拉致して車に乗せた。そこで、河村等は渡辺さんから大阪府豊中市にある見学さんの自宅を聞き出し、自宅に居た見学さんも拉致した。

河村等は、見学さんを脅して1億円を大阪市住吉区内のファミリーレストラン駐車場まで持ってくるよう社員に電話させた。その後、社員が見学さんの指示通りに1億円を置いた車を放置して帰宅させた後、河村等はまんまと1億円を奪った。

その直後、河村等は見学さん、渡辺さんの首を絞めて殺害。尹の名義で借りていた東大阪市のある倉庫でコンクリート詰めにして証拠隠滅を図った。だが、異臭がひどくなったため、7月に入って京都府南山城村にあるゴルフ造成地に穴を掘りコンクリート詰めにした。

一方、9月なって東大阪市にある倉庫の近所に住む住民から異臭がするとの届出があり、大阪府警が捜査した結果、現場から血痕や遺体をコンクリート詰めにした形跡が認められたため、この倉庫の借主である尹を逮捕。尹の自供から河村等が逮捕された。

 

-死刑判決-

平成7年3月23日、大阪地裁は河村等に死刑を言い渡した。これに対して、弁護側は、「被害者への殺害謀議は、現金強奪後であり強盗殺人罪ではない」と主張し控訴した。

平成11年3月5日、大阪高裁は、河村と末森は極刑やむなしとしながらも、尹に関しては従犯であると認定し無期懲役を言い渡した(確定)。平成16年9月13日、最高裁は、「両被告とも犯行に積極的な関与をして重要な役割を果たしており、死刑判断を最高裁も是認せざるを得ない」と断じて、河村と末森の上告を破棄。死刑が確定した。

 

 

とても昭和の匂いのする事件だなー、とおもったけど平成ですね。。。

また例によって、死刑囚・河村啓三の半生記も出版されています。

 

 

【目次】
 はじめに
 1 西成で生まれ……
 2 不良中高生の群れの中で
 3 夜の世界へ
 4 サラ金業界で働く
 5 五億円強奪という誘惑
 6 尾行
 7 誘拐
 8 監禁
 9 殺害
 10 死体の処理
 11 死体の移動
 12 逃走
 13 逮捕

本書における事件の経緯が別の角度で書かれているようです。

実はこの本、 大道寺幸子基金 で出版された第一号なんだそうです。

 

河村啓三の著作が出版された大道寺幸子基金について

死刑廃止のための大道寺幸子基金」とは、日本の死刑制度廃止を訴え続けていた大道寺幸子さんがなくなって、残された1000万を元に創設された基金だそうです。

毎年6人に再審査請求のための補助金として10万円を渡す活動とともに、死刑囚に対しどんなジャンルでもかまわないのでオリジナルの作品を募集し優秀作品を選定しています。その第一号が、上述の書籍。

 

 

「こんな僕でも生きてていいの」の作品内容

生まれてから逮捕までの手記ですが、絵に描いたような河村の転落の仕方は同情を煽るストーリーっぽい。

最後に自分の甘さを反省してくくっているが、生まれた環境、共犯者の末森博也などへの責任転嫁が想像できます。

事件の前後の経緯がこの本でいろいろわかるが、見通しの甘さがおそろしい。。。申し訳ないけど、チンピラがオオゴトをやってみてたまたまうまく行った、的な事件なのか、と受け取ってしまいます。

 

興味のある方は、上述の手記をどうぞ。事件の内容を本人目線で見るには、いいかも。