読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オヤジログ

おっさんのがんばってるブログ

ラブカとはなんですか?

幻の深海ザメをTOKIO城島と山口が捕まえたと話題になっていますね。

5月14日の『鉄腕!DASH!!』で放映されるということで、ネタバレすんな、と怒りのコメントもありますが、ラブカってどんなサメでどんなふうに話題なんでしょうか。

幻の深海ザメ ラブカ

ラブカは、カグラザメ目ラブカ科に属するサメの1種です。現生種はなんと2種のみ。外見からウナギザメと呼ばれることもあるそうですが、水深500-1,000メートルの海底で生活する深海魚です。

日本では駿河湾相模湾などで浅海に上がってくるところをたまに目撃されているとのことです。

ラブカはシーラカンスと同じように生きた化石と呼ばれていますが、実はシーラカンスより古く、3億5000万年前から姿形が変わっていない貴重な魚だそうです。

生きた捕獲というのがめずらしい

深海魚は漁師の網に引っかかったところを漁師に捕獲されることはよくありますが、そのように急激に水面に引っ張り上げられるとカラダが水圧の変化に耐えられず、内蔵や目玉などが飛び出し絶命してしまいます。

今回、生きた状態で捕獲できたというのがかなり珍しい、学会発表に値する、ということでした。

 

 

http://discovery.tumblr.com/post/77329000024/the-frilled-shark-is-one-of-the-shark-worlds-most

discovery.tumblr.com

 

DASH海岸監修の木村さんは、学者も驚くやつだ、と興奮さめやらぬコメントを出しているそうですが、TOKIOは以前にもヤツメウナギの仲間の「スナヤツメ」を捕獲したこともあり、城島、山口はほんと強運の持ち主なのかもしれませんね。

ただ、NHKドキュメンタリーでも狙った動物の収録に数ヶ月ロケ隊を組むこともザラな状況のなか、仕事が忙しいTOKIOがこんなタイムリーに絶滅危惧種のラブカを生体のまま捕獲できるなんて、ということで、ヤラセ疑惑も浮上しています。

TOKIOがラブカを捕獲した!という第一報ニュースで言っているより、じつは頻繁に捕獲されているらしい、というのも、すこし煽りすぎ?感は否めませんね。。。

ラブカを見るには

普段深海で生息するラブカは、そもそも生態がわかっていないこともありますが、人が飼育するというのがとてもむずかしいそうです。

沼津深海水族館では、捕獲されると展示されていますが、なかなか長期育成が難しいようです。

www.numazu-deepsea.com

 

ラブカ伝説

ラブカ捕獲のあと、大型の地震が発生すると言う噂があります。

  • 2008/01/18小田原付近で捕獲→2008/02/27父島近海M6.6
  • 2008/07/09神奈川県・真鶴町で捕獲→2008/07/21福島県南投沖M6.1
  • 2012/05/19静岡県沼津市で捕獲→2012/06/06千葉県東方沖M6.3
  • 2013/01/10静岡県沼津市で捕獲→2013/04/13淡路島M6.3
  • 2013/09/22駿河湾の底引き網(ラブカ)で捕獲→2013/10/26福島県沖M7.1

 

a.excite.co.jp

 

海溝型地震の場合、深海含む海底に予兆がでることはこれまでの経験からよく言われていることです。そのため、深海魚が浮上してきてもおかしくないですが、今回のTOKIOによるラブカ捕獲がそのように地震に紐づくかどうかは、難しいところですね。

大量に上がってきたのならまだしも、1尾だけなので。。。

 

 

おまけ

最後に、ラブカというと、かならず上がってくることが、、、、

ラブライブカード通称 "loveca+"  ラブカ  はこちらです ↓

www.lovelive-anime.jp